ダーツのすべてにおける完璧な完全体をめざし ,さらにビット単位で打ち分ける仙人となるため日々研究努力をするブログです
ダーツ仙人への道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光が見えた
2012-10-25-Thu  CATEGORY: ダーツ我流論
このところのダーツの慢性スランプですっかりテンション下がってました

慢性スランプとは それほど酷くもないが

ダーツが入らない状態が長く続いて 有効な治療法もなく

いろいろと試しては一時的に良くなったように見えても

まったく上達どころか元ににも戻っていない状態です


具体的にはブルはワンブルキープするがハズレの2本が酷い

信じられないような外し方をする


トンキープまであと少しだった頃ってなんだったんだろーと思ってしまいます

そんな時 ふと昔誰かのブログで見た投げ方を思い出して試して見ると

気持ちよく入る 狙える 変な外しがない 飛びがいい

と 一気に問題が解決しました

その投げ方とは 引いた時にダーツを斜めに傾けるというもの

上下ではなく左右にです

つまり上から見ると矢先が左に30度ほど開いている

そこからダーツを狙いの直線上に乗せていく

引いた時にラインより少し右にずらして

ちょうど線路の引き込み線のような感じです


その理論が書かれたブログを探し出して再度熟読

矢先を下げたほうがいいとか いろいろありましたが

これに 貯めの効いた引きとスナップをうまく組み合わせていきたいと思います

久々にダーツが思うように入る感覚が取り戻せて

テンションアゲアゲです
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 ダーツ仙人への道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。