ダーツのすべてにおける完璧な完全体をめざし ,さらにビット単位で打ち分ける仙人となるため日々研究努力をするブログです
ダーツ仙人への道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルの下に付く
2012-08-20-Mon  CATEGORY: ダーツ
ダーツのグルーピングが良くなってくると
ブルの上下左右にダーツが集まる事があります
上下左右それぞれ原因は別なのですが
グルーピングする事自体狙いに対して毎回同じ結果をえられているという事
ですから大きくフォームをいじるのは極力避けたいものです

例えば下に集まるなら思い切って狙う形を変えて見るというのもひとつの方法です

狙いをつける時自分はフライトの十字に合わせますが
人によっては親指の第二関節だったり手首だったします
この狙いのつけかたをかえるだけで刺さる位置 は変わります

しかし狙いを変えるとしっくりこなくて今までどおり投げたい場合もあります

つまり狙ったとこより時々下につく時

そんな時は自分は肘支点が固定してしまってます
手の伸びとともに肘が上がっていかないといけないのにその場で振ってしまってます

リリースのタイミングの早い遅いで調整するのは全部を狂わせる可能性もあるしオススメできません
もともとリリースのタイミングは多少ずれてもフォームのアソビで吸収されます
アソビがないとダーツはもっともっと難しい競技になっているでしょう

自分は下に集まるのは嫌ではないです
左右や上は修正が難しいけど下は割と簡単だからです
上に付く時は前方へ振り出す意識をもつようにしてます
左に付く時は肘が開いている事が多いようです
右はリリースで手をはらったり力が抜けてる時が多いかな
下に付く時は極端な事を言えば矢速をあげてもいいわけで
また単純に腕が伸びてない事もあります
ダーツの飛ばし方で風の抵抗をもっと受けて浮力を活かすったのも手です
落ちるのをほんの少し防げれば下につかないわけです
対策は様々ですが
自分の状態をしっかり分析することが第一だと思います







iPhoneから送信
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント翔太 | URL | 2012-08-20-Mon 19:31 [編集]
今回のブログかなり参考になります!

ただよく出てくる、肘の開きというものがいまいちわかりません。脇を締めるとは少し違うんですよね?
肘の開きとは
コメントダーツ父さん | URL | 2012-08-20-Mon 19:41 [編集]
肘の開きとは構えたとか腕が縦に真っ直ぐではなく手がブル位置で肘が右にある感じです
真っ正面向いてブル位置に手をすると肩の位置が右なので肘が開くという意味が分かると思います
コメント翔太 | URL | 2012-08-20-Mon 20:33 [編集]
詳しく、ありがとうございます☆

早速明日投げてきまーす♪───O(≧∇≦)O────♪
こんばんわ
コメント翔太 | URL | 2012-08-27-Mon 02:26 [編集]
毎度毎度の質問で申し訳ありません。答えていただくのはいつでも構いませんので、よろしくです。

ダーツを構えた時の右キキの場合の左足の置く位置によって体の開きなどをおさえることはできますでしょうか?
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2012-10-07-Sun 04:28 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 ダーツ仙人への道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。