ダーツのすべてにおける完璧な完全体をめざし ,さらにビット単位で打ち分ける仙人となるため日々研究努力をするブログです
ダーツ仙人への道
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セットアップ時のダーツの傾き
2012-07-20-Fri  CATEGORY: ダーツ我流論
再びご質問に答える?

というか一緒に考える と言ったほうが正解かもしれません

今回のお題は

<ダーツを構えるときのティップの角度等とダーツの飛びには関係するでしょうか?>

です

チップの角度=ダーツの傾きですね

本人が現在どういう傾きでセットしているかわかりませんが

セット時の傾き=リリース時の傾き と考えていいと思います

セットの時とリリースで傾きが違うならセットの時はたんなる狙いを付けるための目印の意味しか持ちません

わかりやすい例ではセットで傾き決めたあと 1度2度エイミング(前後に動かす動き)するプロもいますよね

それってこう振るぞっていう確認ですから リリースでもその形を目指してるわけです

ではどの角度が良いのか?

プレーヤーの身長によって左右されますが

自分(173Cm)の場合は頭のてっぺんがブルですから目で構えるとダーツは上に飛ばさないといけません

ですからたいていのプレーヤーはライン通り構えるとダーツの先が上を向きます

ここからはその人の投げ方で変わってきます

ラインに沿ってラインに乗せるように投げる人は先が上向き

より直線的に狙い結果としてダーツが弧を描く場合はまっすぐ

チップが下向きってのは基本的にはNGです


ダーツを始めたばかりの頃 自分のフォームを高速度撮影できるデジカメ(エクシム等)で写したら

リリースの時ダーツの先が下を向いてして 激しくお尻を上下に振って飛んでました

ダーツの特性上どんなにぶれても刺さりますが プロはみんな動きません

つまり飛ぶライン通りにリリース出来てます

ですから最初からチップ下向きはないと思いますし

実際投げてもうまくいきません

ですから教科書的な答えは

チップは上向きでラインに乗せるです


チップを真っすぐに構える事の意味はなんでしょう?

この状態だとダーツは単純に下に飛びます

そこを手首で前へ押し出すことで垂れを防いでます

わざわざそんな事するのは 前回話したテークバックと密接に関係してます

テークバックをほとんど取らないで投げるので 本来ならチップをあげて

最初から手首を折った状態のほうがよりスナップが効くので良いのですが

飛び過ぎるのとコントロールがききません(あくまで自分の場合)

真っすぐ投げて下がるのを前への振りだしで耐える みたいな感じです

だから下に付くことがあっても上にはあまり外しません

力みがなくフォローが真っすぐ伸びた時だけキチンと入ります

まあ遊びがないフォームと言えます

ゆっくりテークバックを取れるならセットした時の角度を終始キープする事を忘れずに投げれば

ポンポン入りますよ

谷内太郎選手は引き切った時ダーツが上向いちゃってますからね

それだけ手首の角度が一定してるってことです

真っすぐ引いて出すのは谷田プロかな

先日実際に投げてるの見ましたが ほんとに真っすぐ後ろに引いてきて

紙飛行機を飛ばすように投げてました


ダーツの飛ぶ速度にこだわる人も多いのですが

まあ 速いと上手い感じしますしね

実際は飛びの軌道にあった速度が必要なだけです

直線的=速い 弧が大きい=遅い

ということです

速さを求めると当然軌道は直線的になります

その辺の割合は自分自身で決めるしかないでしょう

前に190cmくらいある人が大きな弧を描いて投げてるときに

僭越ながらアドバイスさせていただきました

弧が大きいとちょっとの力加減、速度の違いで盤面への到達時間が変わるから

1ビットで済むズレも数ビットに膨らみますよ

二次方程式のグラフですよ要は カーブが大きいと前後にずれるだけで位置が大きく変わる

ダーツも同じ直線的で落ちるほうが落ち幅は小さい

持論で言えばダーツはより直線的に つまり速くってことです

力みでフォームが崩れない程度にという条件つきですがね



最後に悩むネタを一つ

じつはチップの先を上げてもその軌道で投げないという方法もあります

どういうことかと言うと先が上がったままの状態で(ダーツが上向きに傾いた状態で)飛ばす方法です

これが非常に安定して飛びます

なぜかって?

ダーツ全体で風を受けて飛んでいるので落ちない

イメージは旅客機の着陸です

着陸の時 滑走路に機首を下げて真っすぐ突っ込んできませんよね?

機首を若干上げて飛行機全体で風受けながら折ります

ダーツがああいう風に飛ぶんです

実際知野プロの飛びを横から見ていたら

ダーツが若干上向いたまま飛んでました

動画サイトのスロー映像では違いますが(あれは教則用?)

振って投げる人より押して投げる人向きかも知れませんが

引いて同じ事をすると上にすっぽ抜けるかもしれません

あと狙いに向かって手を伸ばしたフォローがとりずらい

まあ一度試してみて下さい
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ありがとうございます
コメント | URL | 2012-07-20-Fri 13:18 [編集]
ポンポンはいればいいんですけど。。

また近いうちに試して見ます。

ダーツの飛ぶ速度が速くても遅くても、入る時は入ってしまうので、どうするかとても悩んでしまいます。
こんにちわ
コメントダーツ父さん | URL | 2012-07-20-Fri 18:06 [編集]
速くて遅くてもビビっても入るときは入りますよ そりゃ

問題は緊張した場面で投げる一投をどう投げるかです

もしくはコークの1投はどう投げるか?ですね

それか入らない時のはずれ具合で判断するのも手です
コメント | URL | 2012-07-20-Fri 19:42 [編集]
ありがとうございます‼

本当にためになります!

いろいろと聞いた事を意識しながら常にやって行きます!
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 ダーツ仙人への道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。